表紙へ戻る お気に入りのページを最大50件まで
記憶できる便利な機能です。
沖永良部の子守歌 - 大島郡和泊町
 
 
沖永良部の子守歌
 
大島郡和泊町
 

沖永良部の子守歌
大島郡和泊町
 
 親ぬ産し御陰〔親が産んで下さったお蔭で〕
 丈程に太でィてィ〔この背丈までに成長しました〕
 産し親ぬくとゥや〔産みの親のことは〕
 粗相に思んな〔粗末に思ってはなりません〕
 
 桑木ぬ上じ子産ち〔桑の木の上で子を産み〕
 乳木ぬ上じ乳飲まち〔乳木アカテツの上で乳を飲まし〕
 下ぬ菜畑下りてィ〔下の菜畑に下りて〕
 吾子に名くりら〔わが子に名をくれよう〕
 
 石ぬ上に砂置てィ〔石の上に砂を置いて〕
 砂ぬ上に花植てィ〔砂の上に花を植えて〕
 うぬ花ぬ咲かば〔その花が咲いたら〕
 吾子に呉いら〔わが子にあげよう〕
 
 泣くなくなわらび〔泣くな泣くな、わらべ〕
 誰が泣きでィ言ちよ〔誰が泣けといったか〕
 泣きでィ言ゃぬ人語り〔泣けと言った人を言いなさい〕
 うりに守らさ〔その人に守りをさせよう〕
 
 泣くなくなわらび〔泣くな泣くな、わらべ〕
 誰が泣きでィ言ちよ〔誰が泣けと言ったか〕
 泣かなしゅてィ太でり〔泣かずに大きくなりなさい〕
 花ぬわらび〔花のわらべよ〕
 
 眠りでィどゥ言ちゃる〔眠れとこそ言ったのだ〕
 誰が泣きでィ言ちよ〔誰が泣けと言ったか〕
 わが守らば眠り〔私が守りをするから眠りなさいね〕
 ヨーヒヨわらび〔ヨーヒヨわらべよ〕
 
 眠りぶり眠り〔眠れ眠れ眠れよ〕
 眠らんでィどゥ泣ちゅろ〔眠ろうと泣くのだろう〕
 如何しがでィ泣ちゅいよ〔どこまで泣くのだい〕
 眠りぶりわらべ〔眠れ眠れわらべよ〕
 
 汝が如何泣ちゃんてィ〔お前が如何に泣いたとて〕
 汝親ぬ聞ちゅみ〔お前の親が聞くものか〕
 吾ぬどゥ親成とゥてィ〔私だからこそ親代わりになり〕
 汝む守ゆる〔お前をもお守りするのだ〕
 
 泣きゅぬ子ぬ面に〔泣く子の顔に〕
 トゥドゥ虫這とゥらど〔円座虫やすでが這っているぞ〕
 笑れぬ子ぬ面に〔笑う子の顔に〕
 美ら虫ぬ這とゥらど〔きれいな虫が這っているぞ〕
 
 吾ちゃ子や眠たしが〔私の子は眠ったが〕
 汝ちゃっ子や眠らじな〔お前の子は眠らないのか〕
 汝ちゃっ子ぬ目玉や〔お前の子の目玉は〕
 見張い目玉〔眠らない性なのかなァ〕
 
 人ぬ子ぬ泣きゅん時ゃ〔他人の子が泣くときは〕
 飯箆取てィ尻叩ち〔おしゃもじで尻を叩き〕
 吾きゃぬ子泣きゅん時ゃ〔自分の子が泣くときは〕
 砂糖し止みら〔砂糖で泣きやめさせよう〕
 
 泣きさ子や泣ちゅい〔泣きべその子は泣く〕
 ふぎ鍋や漏ゆい〔ほげ鍋(穴のあいた鍋)は水がもる〕
 野原からや い参い〔野良から皆帰っていらっしゃる〕
 今如何がしゆる〔さあ、どう致しましょう〕
 
 泣くなくな蔵人ぬ子〔泣くな蔵人(役人)の子たち〕
 泣くなくな筆子ぬ子〔泣くな筆子(役人)の子たち〕
 御蔵米とゥてィ来ち〔お蔵米をとってきて〕
 餉焚ち食しゅんど〔ご飯を炊いて食べさせるから〕
 
 子守しゅぬ哀り〔子守りをする身のあわれ〕
 夜昼ぬ物思み〔夜も昼も物思い〕
 物思み忘りらば〔物思いを忘れられたら〕
 御祝しゃぶら〔お祝いをいたしましょう〕
 
 今どゥ吾ぬ笑れる〔今こそ私を笑っているが〕
 吾が咲かば見より〔私の花咲く時節を見なさい〕
 刺ぬ上に咲ちゃる〔刺(いばら)の上に咲いた〕
 花ぬ如に〔花の如く、花咲く時節もあるでしょう〕
 
 吾ぬ産ちゃぬ親や〔私を産んだ親は〕
 産ちゃぬ名どゥ立ちゅる〔産んだという名目だけ〕
 雲風がなたら〔雲や風になってしまったのか〕
 行方しらぬ〔行方が知れません〕
 
 五ち頃ないに〔五つごろになったとき〕
 親に捨てィらりてィ〔親に捨てられて〕
 七つ頃なたとゥ〔七つごろになったら〕
 吾親思み出ち〔私の親を思い出しました〕
 
 親とゥ子ぬ中ぬ〔親と子の中の〕
 深さ有し見りば〔深い中(情愛)を見れば〕
 親居らぬ吾身どゥ〔親のいない自分の身が〕
 なゆく可哀想〔いまいっそうかわいそうです〕
 
 彼斯遠々ぬ島に〔あんなに遠い遠い島(所)に〕
 吾親一人置きば〔わが親を一人でおけば〕
 宵なりや見欲しゃ〔夕暮れになると会いたくて〕
 直思みさがる〔ただただ思いがしずみます〕
 
 にしに立つ雲や〔西の方に立つ雲は〕
 吾親影姿〔わが親のおもかげのようです〕
 立ち代わい代わい〔立ちかわり立ちかわり〕
 見してィ給り〔見せて下さいな〕
 
 眠てィ起てィ覚みてィ〔眠って起きて目が覚めて〕
 島向こてィ見りや〔故郷の方を見てみれば〕
 島ぬ名どゥ見ゆる〔島のようすは見えるが〕
 吾親見ゃらむ〔わが親の姿は見られない〕
 
 野原出てィ見欲しゃ〔野良へ出てみたいものです〕
 百合ぬ花見欲しゃ〔百合の花を見たいものです〕
 うりゆかむ見欲しゃ〔それよりも見たいものは〕
 吾親見欲しゃ〔わが親、両親の姿が見たいものです〕
楽譜 歌詞 A4縦 1頁

解説
 寝させ唄
楽譜登録番号:SC2007032903
   登録年:2007年3月1日
   作品名:沖永良部の子守歌
   採集地:鹿児島県 大島郡和泊町
    採譜:久保けんお

参考資料
 『日本わらべ歌全集26』鹿児島・沖縄のわらべ歌



鹿児島県 大島郡和泊町
鹿児島の子守唄 【検索結果】
沖永良部の子守歌 - 大島郡和泊町
川薩地方の子守歌 - 薩摩郡東郷町南瀬
楠川の子守歌 - 熊毛郡上屋久町楠川
与論島の子守歌〔一〕 - 大島郡与論町
永田の子守歌 - 熊毛郡上屋久町永田
南薩地方の子守歌 - 川辺郡知覧町
東市来の子守歌 - 日置郡東市来町
赤馬一匹黒馬一匹 - 西之表市州之崎
徳之島の子守歌 - 大島郡伊仙町
出水地方の子守歌 - 出水市
コッチコイ - 熊毛郡南種子町島間
一で香箱 - 熊毛郡南種子町平山
よーかいよーかい〔一〕 - 熊毛郡中種子町
与論島の子守歌〔二〕 - 大島郡与論町
奄美の子守唄(泣くないよ) - 鹿児島県民謡(楽譜)
笠利の子守歌〔二〕 - 大島郡笠利町
黒島の子守歌〔一〕 - 鹿児島郡三島村
りんがじんと - 日置郡市来町
よーかいよーかい〔二〕 - 西之表市
名瀬の子守歌 - 名瀬市
よーかいよーかい〔三〕 - 西之表市
うっつけうっつけ - 熊毛郡上屋久町楠川
宮之浦の子守歌 - 熊毛郡上屋久町宮之浦
硫黄島の子守歌 - 鹿児島郡三島村
口之島の子守歌 - 鹿児島郡利島村
向かえの坊主は - 鹿児島郡十島村
黒島の子守歌〔二〕 - 鹿児島郡三島村
こっちこい - 鹿児島県・種子島地方
笠利の子守歌〔一〕 - 大島郡笠利町
Copyright(c)Japan Lullaby Association. All Rights Reserved.