表紙へ戻る お気に入りのページを最大50件まで
記憶できる便利な機能です。
2009年10月16日 子守唄は契りうた〜親学を考える〜アンケート
 
シンポジウム&子守唄コンサート!
子守唄は契りうた
〜 親学を考える 〜

    あなたは
    お母さんのことを
    おぼえていますか?
 
 日時:平成21年10月16日(金)
    開場 16:00
    開演 16:30
入場料:1,000円(全席自由)
 場所:厚木市文化会館 小ホール
    神奈川県厚木市恩名1−9−20
    TEL 046−225−2588
 
 主催:NPO法人日本子守唄協会
    NPO法人日本子守唄協会 相模支部
 後援:厚木市・厚木市教育委員会
    伊勢原市・伊勢原市教育委員会
 
この公演は、日本財団の助成金を受けて実施します。
 

 
■第1部 親学を考えるシンポジウム
  出演 盒胸墨(明星大学教授)
     西舘好子(日本子守唄協会理事長)
     都眇親察柄眛興〜領 宝泉寺住職)

■第2部 子守唄コンサート
  出演 斎藤寿孝(ハーモニカ奏者)
     稲村なおこ(歌手) ・久保祐子(ピアノ)
     生沼美香(ソプラノ)・宮崎滋(ピアノ)
     奥田憲弘(口笛)  ・藤木玲子(ピアノ)
     ハーモニカ・カルテット The Who-hoo(ザ・フーフー)
     (石井裕香・岡本吉生・小沼美枝子・前川紀子)
 
− 出 演 −
 

   盒胸墨       西舘好子      都眇親
 (明星大学教授)  (日本子守唄協会    (曹洞宗僧侶
            理事長)        宝泉寺住職)
 

   斎藤寿孝       稲村なおこ      久保祐子
(ハーモニカ奏者)     (歌手)      (ピアノ)
               (撮影 小島由起夫)
 

   生沼美香        宮崎滋       奥田憲弘
  (ソプラノ)      (ピアノ)      (口笛)


   藤木玲子        ハーモニカ・カルテット
   (ピアノ)       The Who-hoo(ザ・フーフー)

今回の内容はいかがでしたでしょうか?
【女性,50代】日常何気なく過ごしている時間、子供や孫のことを振り返ることを忘れていました。人間一人一人は良い人ばかりなのに、どこで歯車が狂うのでしょう。大人が優しい気持ちで子供達に接しなければ・・・不景気の最近、大人たちにも余裕がなくなっている。60代こそ頑張って、若者達に何かメッセージを残せるのでは?
 子供の頃は、「庭の千草」や「いつか来た道」など、子守唄のように聞かされていました。
【女性,50代】小さい子供さんがいる親が聞くべき、聞いて欲しい内容なのに、小さい子連れの方は外に出て行かれていました。保育係がいたらと思いました。
【女性,50代】子守唄は、子育て中、カセットテープで毎日子供に聞かせていました。
今日の公演で、日頃から感じていたことを、またさらに実感させられました。
【女性,60代】希望、夢、未来を失わないように生きていこうと思います。楽しい夜でした。
【女性,70代】大変良かった。もっともっと大勢の方に聞いて欲しい。30代、40代、50代の方々に!
【女性,60代】今2歳の孫が、新生児で「寝ぐずり」をしていた頃、私が江戸の子守唄を歌うと笑い、そのまま眠ってくれました。その後、泣き止まないといって、娘から電話でSOSが!やはりこの子守唄で落ち着きました。
 未来の日本を考えると、少子化の中で国の宝として、子供を大切に育てたいですね。
【女性,60代】子供の声が騒がしくちょっと残念。せっかくのコンサートが勿体ないですね。託児所を設けたらよいのでは?内容がよかっただけに残念。
 今思っていることをズバリと言ってくださり、来場しなかった方にも是非聞かせたい!
 子守唄といえば2,3年前、「お月さまいくつ」の歌が夜中に頭の中に浮かんでしまい、忘れた歌詞が気になって眠れなくなり、翌日図書館で解明。いつまでも残る歌の一つです。今は購入のCDに入っていて本当に嬉しい。
【女性,60代】公演は初めてでしたが、大変感激しました。子育ての頃を思い出しました。もう一度子育てをしなおしたい様な気持ちになりました。
【女性,60代】息子たち夫婦にも聞かせたいです。「親学」について、自分自身も反省することが多かったです。心安らぐ子守唄は、「ゆりかごのうた」。
【女性,70代】親学がいかに大切か、改めて実感いたしました。このような会をもっと多く開催してほしい。親の再教育が必要であり、人の子の親とは、どうあるべきか考えさせられました。また、いかに自分が子育てで、手抜きをしていたか反省させられました。
子守唄の思い出は、「七つの子」。私は孫から、寝るときは必ずこの曲を歌ってくれるようにせがまれ、1曲歌い終える頃には、夢の中でした。
【女性,70代】改めて自分の子育て時代を振り返り、とても懐かしく思いました。私は自分の両親と一緒に生活しました。色々教えてもらい幸せでした。
【男性,50代】会場内の小さな子供の話し声が気になりました。私は小さな子供は可愛くて大好きですが・・・
聞きたい歌は、島原の子守唄です。
【女性,70代】親の立場で、学校教育と家庭教育の違いを認識してほしい。良いこと、悪いことをはっきりと教えるべき。昔はお年寄りが散歩をしていて、悪いことや、危険な遊びを注意してくれた。また聞いてみたい。出来たら意見交換などもしてみたい。
 昔の歌は心が伝わってきて、全てよかった。現在は心がないように思う。
【女性,60代】もっと大勢の方に聞かせたい!
【女性,70代】大変よかった。
【女性,30代】とても勉強になりました。自分はおじいちゃん、おばあちゃん子で、近所の方々にも可愛がられて育ちました。とても幸せなことだったんだと、改めて思います。自分が親になった時、同じように愛情を注ぎたいと思います。
「親になること」は誰にでも出来ることかもしれません。でも親になるには自分にもっと自信が持てるようにならないといけないと思いました。大きな心で子供の全てを受け止められる親になりたいです。
子守唄の思い出は、自分が7歳のときに妹が生まれました。寝かしつけるのは私の役目で、よくおんぶをしながら「ね〜んねん、ころーりーよー、おこーろーりーよー」と歌った覚えがあります。でもその先がわからず、その部分ばかり歌っていました(笑)。
【女性,40代】時代を超えて歌い継がれてきた懐かしい子守唄は琴線に触れ、童心に返してくれました。
 親子の絆が脆くなっている今日、「親学」は絆を強くする原点になると考えます。
 島原地方の子守唄が聞きたいです。
【女性,70代】すべてよかったですが、齋藤壽孝先生の演奏に大感動しました!
【男性,20代】勉強にもなり、音楽鑑賞も出来て、よかったと思います。
 人の「親」としての立場、考え方、及び道徳心のようなものの捉え方のきっかけになるのではと思います。
 子守唄というと、やはり「ね〜んね〜ん お〜ころ〜り・・・」を思いだします。そのほかに、子守唄として思い出す曲は、日本昔ばなしの「坊や〜、良い子だ、寝んねしな・・・」。
【女性,60代】盛りだくさんの内容で、大勢の方に聴きにきてほしいですね・
子守唄といえば、母親の背中で響いていた声を今でも覚えています。
【女性,30代】大人のためのコンサートでしたが、もう少し若いママが子守唄に興味を持てるような内容だともっと良いと思います。
【女性,60代】現代の社会にかけている問題を考えさせられる公演だと思いました。
【女性,60代】当たり前のことをおっしゃっていると思いました。それが実行できない世の中が変!それでも言い続けていかなければいけない。これも変!私たち大人が変わることが大切かも・・・
 子守唄の思い出といえば、母が亡くなる前、子供の頃に唄ってくれた「ゆりかごのうた」を歌ってあげました。口がきけない中、分かったのか、うなずいていました。一緒に歌っていたのかと今も思いだします。
【女性,60代】もっと若い人の参加がほしい。息子などの暮らしを見ていると、男性は会社人間。深夜までの仕事、休日は疲れて寝る・・・社会状況を心配しています。
【女性,70代】大変すばらしい公演でした。次回が楽しみです。昔に返り、時を過ごしました。また、入場のとき、昔懐かしいチンドン屋が見えて、懐かしかった。三丁目の夕日(映画)を思いだしました。
【女性,60代】「ならぬことはならぬ」、ビシッと言える大人にならなくてはと思いました。皆で変えていかないと世も末になってしまいます。一寸先は光。
 本当にごもっともと思う公演をありがとうございました。若い親子さんにも聞いていただきたいですね。
【男性,50代】社会の移り変わり、子供の育て方、親・父母の関係、責任、日常の生活(社会、家庭、教育)・・・心、温、愛、三つが大変必要で、文化、社会、教育の三点が重要だと思う。文部科学省も、子育て教育にもっと力を入れてもらいたい。
 言葉では表せない大変素晴らしい話を聞き、自分の心の片隅に置き、これから社会生活、人生の手本として進んでまいる次第です。本当にありがとうございました。
 子守唄といえば、「里の秋」、「故郷」、「もみじ」・・・聞くと過去、現在、未来にむかって大切にし、一人の人間として役立てていきたいと思います。
【男性,60代】叙情歌コンサートもあればいいなと思います。(外国のものも含む)
例えば、仰げば尊し、旅愁、真白き富士の嶺、花の町、赤とんぼ、ミカンの花咲く丘、椰子の実など。
【女性,60代】子供の頃を思い出しました。いつまでも子守唄を歌い続けたいです。
【女性,30代】子供(3歳)にふるさとの歌をよく歌っています。とても落ち着いて一緒に歌っています。
【女性,70代】昨今、「○○学」なる講義が多々聞かれますが、本日のテーマ「親学」は、初めて耳にいたしました。大事な大事な「学」ですが、粗末に扱われていることですね。
 子守唄は、ブラームスの子守唄を良く歌っていました。
【男性,70代】コンサートが大変素晴らしかった。
 日本の子守唄は、どの曲もみな素晴らしいと思います。残念ながら、幼少で親を亡くしたため、子守唄の思い出はありません。
【男性,50代】とても素晴らしい話を聞け、有意義な時間であった。果たして会場に来ているどれだけの人が、理解できたかが大事。
 親として人間としての大切さは理解できるが、いかにして伝えていくか、非常に難しいと感じた。自由と身勝手を勘違いしている人が多すぎ。基本から見直さなければ、正しいことは伝えられないと思う。
 心安らぐ子守唄は、里の秋、赤とんぼ、竹田の子守唄、故郷。
【女性,20代】子供の頃に聞いた懐かしい曲ばかりでした。
【女性,60代】若い世代に聞く機会があればいいと思います。子供が帰る時間だったり、インフルエンザで子供、両親ともに自宅待機の家庭があったりで、残念でした。
【女性,40代】親学・・・親が変われば子供も変わる。その通りです。いい言葉を使って、本当の親になりたいと思いました。
 反省させられることばかりでした。親として、心して生活していきたいと思います。子守唄を聞き、自分の母のこと(もう亡くなりましたが)を思い出し、涙が出ました。ありがとうございました。
【女性,50代】考える機会を与えられ、子育てをしてきた親として、もう少し前に聞けたらと思いました。子離れできない親として大いに反省し、今からでも遅くはないと思いました。上手にいえませんが、これから頑張ろうと考えます。遅いかな?
 子守唄に関しての思い出は、子守唄というより、童謡をよく子供と聞きました。テレビのことをテビリと言ったり、とうもろこしをとうもころしと言ったり、懐かしく思いだします。ぞうさんの歌を早く覚えて歌っていました。
【男性,40代】親学・・・親としての在り方、大人としての在り方、日本人としての在り方、良く考えていかなければならないと感じます。
【女性,60代】人間の心、日本人の心を取り戻すための良い機会となった。文化、歴史、伝統を大切にする民族、国家を作ることの大切さを再確認した。ジョージ・アリヨシ知事は日本に来て、7歳の靴磨きの少年と対面し、この国は将来必ず復活するといった。そしていまや経済力は世界第2位、心は最低。日本人の心を取り戻す運動を展開しよう!人間教育は心の教育から、家庭から、大人から!
 「親学」、すばらしいです。各公民館などで実施すべきだと思います。結婚前の男女に、親になるための準備教育や、親学・夫婦学の教育は必要だと思います。



ご案内
ご支援ありがとうございます
ご支援のお願い
NPO法人日本子守唄協会概要
NPO法人日本子守唄協会の歩み
プライバシーポリシー
育児相談通信 8月〜12月号
4月13日 台東区子守唄講習会
 〜心に響け愛のうた〜・アンケート
12月13日 ふれあいファミリーコンサート
 (小平市・白梅学園)アンケート
12月1日 ふれあいファミリーコンサート
 (国立岩手山青少年交流の家)アンケート
11月17日 ふれあいファミリーコンサート
 (島根県・太田市)アンケート
11月4日 ふれあいファミリーコンサート
 (御殿場市)アンケート
10月31日 ふれあいファミリーコンサート
 (大阪市阿倍野区)アンケート
10月13日 ふれあいファミリーコンサート
 (札幌)アンケート
9月30日 スミセイキッズフォーラム・親子の絆
 の子守唄(ティアラこうとう)アンケート
9月8日 ふれあいファミリーコンサート
 (京都)アンケート
2019.10.30 ふれあいファミリーコンサート
 関東の子守唄と童謡・唱歌と読み..(小平市)
2019.10.29 アイスランドの子守唄コンサート
 赤坂RED/THEATER
2019.09.28 テンパークまつり前夜祭
 世界の子守唄と童謡・唱歌(岩手)
2019.09.07 ふれあいファミリーコンサート
 京都のわらべ歌と童謡・唱歌(京都市)
2019.08.29 ふれあいファミリーコンサート
 in まつど(松戸市民劇場)
2019.08.28 ふれあいファミリーコンサート
 世界の子守唄と童謡・唱歌(大阪市)
2019.07.27 スミセイキッズフォーラム
 in 盛岡(盛岡劇場)..
2019.07.13 子守唄講習会 「にこにこハートの
 子守唄」(台東区日本堤)
2019.04.13 子守唄講習会 〜心に響け愛のう
 た〜(台東区寿)
2019.03.10 周防大島ふるさとづくり
 のん太の会15周年記念事業
2019.03.03 とやま子守唄フェスタ2019
 富山国際会議場
2019.03.08 月と星の王国
 舞浜アンフィシアター
2019.02.17 子守唄体験フォーラム「第9回
 西和賀子守唄コンサート」(岩手)
2019.02.12 秋田漣「津軽じょっぱり子守唄」
 千代田区・内幸町ホール
2018.12.16 スミセイキッズフォーラム
 代々木・国立オリンピック記念..
2018.12.13 ふれあいファミリーコンサート
 東京都小平市・白梅学園大学
2018.12.08 子守唄講習会 子守唄・クリスマス
 の歌(台東子ども家庭支援センター)
2018.12.01 ふれあいファミリーコンサート
 国立岩手山青少年交流の家
2018.11.04 ふれあいファミリーコンサート
 御殿場市・青少年交流の家
2018.10.31 ふれあいファミリーコンサート
 阿倍野区民センター(大阪市)
Copyright(c)Japan Lullaby Association. All Rights Reserved.