表紙へ戻る お気に入りのページを最大50件まで
記憶できる便利な機能です。
DVD第二弾「Stop ザ 虐待」

− 子守唄という処方箋 −
Stop ザ 虐待
価格 3,000円(税込・送料別)

監修:小林 登
東京大学名誉教授、国立小児病院名誉院長、子どもの虹情報
研修センター センター長、NPO法人日本子守唄協会 会長

    ダイジェスト版をご覧ください。

企画・制作・販売元: NPO法人日本子守唄協会


子ども虐待防止と子守唄の流れる町づくり
東京大学名誉教授 小林 登

 大学をでて、アメリカでインターンをはじめて間もない1954年の秋のある夜、白人の女性が10ヶ月足らずの赤ちゃんを抱いて救急室に現れ、ベットから落ちたと訴えました。
 私を指導するアメリカ人の小児科医に赤ちゃんの全身のレントゲンを撮りなさいと指示され、言われた通りにしてみました。
 すると、ベットから落ち、打ったという肩の骨が折れているのがわかったのですが、それ以外に大腿骨も折れていて、しかもしれは既に治りかかっている古いものでした。それは新しい骨折と古い骨折が共存する、説明のつかない状態であったわけです。
 あとで調べてみると、それは親による「子ども虐待」だったということがわかりました。
 戦勝国のアメリカは、戦後も豊かで秩序正しく、キリスト教の国で、宗教的にもしっかりしている筈なのに、何故母親がわが子を虐待するのかと疑問に思い、深刻に受けとめたものです。
 その後何年か経ち、日本でも戦後の混乱から立ち直り、豊かになってきた1960年代後半から70年代はじめに、小児医療の現場に「子ども虐待」の症例が出始めました。
 私の個人的な見解では、何か“豊かさ”というものが虐待と関係があるのではないかと思います。社会が豊かで便利になって、人のことを考えなくても生活が出来るようになって、人と人との関係が希薄になったから、親が子どもを虐待してしまうと思うのです。
 そこで、人間関係を立て直すために、失った地域の絆、親子の絆をどうしたら取り戻すことが出来るかと考え、その一つの方法として、子守唄が有ると思いました。
 子守唄のやさしいメロディが、町のどこからでも、いつでも聞こえてくるような、「子守唄が流れる優しい町をつくろう」というのが、私たちの大きな願いであります。
小林 登
東京大学名誉教授
子どもの虹情報研修センター センター長
国立小児病院名誉院長
NPO法人日本子守唄協会会長、
--------------------------------------
豊かな社会の裏返しにある虐待。人の命を慈しむ心を見失いがちな現代において、子守唄が持っている「優しさ」を引き出すパワーこそ、今もっとも大切な要素ではないでしょうか。私自身は、優しさを司る脳に大きく影響を与えている子守唄のメロディやピッチを日常生活の中に作っていくことが、虐待防止の礎になると信じています。

中川志郎
財団法人日本動物愛護協会理事長
NPO法人日本子守唄協会副会長
--------------------------------------
動物の世界ではなじまないDVや虐待。人間は600万年もチンパンジー的生活を送ってきた。文化や文字を持つようになったのは、ほんの一万年前。この間にどうして人間は、生物としての生き方を忘れてしまったのだろう。今一度、家族というものを見直すためにも動物園に来て、動物の親子を見て欲しい。

赤枝恒雄
社団法人港区医師会 会長
NPO法人日本子守唄協会理事
--------------------------------------
とにかく今の親は、子どもと遊んでいない。親子はどのような時代にあっても、常に親がアタッチメント(愛着体験)をしながら共に成長してゆくことが、ゆがんだ現代の親子関係には必要なことだと思う。親が子どもと一緒にいる安心感ほど子どもの心を豊かにするものはないことは、僕自身10年間にわたって開いている「まちかど相談」の子ども達と接して得た結論です。

湯川れい子
音楽評論家・作詞家・
日本音楽療法学会理事
NPO法人日本子守唄協会副会長
--------------------------------------
近所で、息をするための穴も開けずに段ボールに詰められ、ガムテープで閉められて捨てられている猫を見つけました。その猫が、小さな命が、どうなってしまうか、という想像力のない、痛みの分からない人がとても増えていると思います。とても怖いことです。自分ならどうなってしまうだろうかという想像力のない「感性の切り離し」がDVや虐待を引き起こす原因になっていると思います。今こそ、人間としての感性を育てる知恵と想像力が大事な時なのです。

このDVDプログラムは、一般の家庭での個人視聴の用途に限って、販売しております。収録されている内容を、著作権・著作者の許可なく無断で、国外への輸出、複製、上映、放送、インターネット等に使用することは、法律により固く禁じられています。
DVD第二弾「Stop ザ 虐待」
価格 3,000円(税込・送料別)

◆お問い合せ先
 NPO法人 日本子守唄協会
 e-mall info@komoriuta.jp
 TEL 03-3861-9417 FAX 03-3861-9418
◆ご注文方法
・下記のフォームに従い、お名前、フリガナ、電話番号、お届け先
 の住所など、必要事項を入力していただき送信ボタンを押します。
※ご注文確認後、郵便局などでお支払いいただける振り込み用紙を
 つけてお送りいたします。
DVD 第二弾「Stop ザ 虐待」

DVD 第一弾 起こる前に考える 子ども虐待
DVD 第二弾 Stop ザ 虐待

お名前 (フルネームで) 例:山田 太郎
フリガナ 例:ヤマダ タロウ
電話番号 (市外局番から) 例:XX-XXXX-XXXX
郵便番号 例:XXX-XXXX
住所 (マンション等まで詳しく)
性別
年齢
職業
メールアドレス
確認の為もう一度お書き下さい
通信欄

OKならば送信ボタンをクリックしてください。

 



ご案内
ご支援ありがとうございます
ご支援のお願い
NPO法人日本子守唄協会概要
NPO法人日本子守唄協会の歩み
プライバシーポリシー
出版・CD紹介
iTunes Store 日本子守唄協会
書籍「こころに沁みる日本のうた」
 西舘好子
書籍『親子でうたい継ぐ「子守唄のえほん」』
 西舘好子 渡辺あきお 他
書籍「うたい継ごうよ、子守唄」
 長田暁二 西舘好子
書籍「日本子守唄選集 中巻 東海・近畿・
 中国編」
書籍「日本子守唄選集 下巻 四国・九州・
 沖縄編」
CD「すくすく のびのび こもりうた 第2集」
 子育て支援CDシリーズ
CD「日本のこもりうた」
 それは小さな労働歌 vol.1
CD「日本のこもりうた」
 それは小さな労働歌 vol.2
DVD第一弾「起こる前に考える子ども虐待
 企画/制作 日本子守唄協会
DVD第二弾「Stop ザ 虐待」
 企画/制作 日本子守唄協会
書籍「日本子守唄選集」
 上巻 北海道・東北・関東・北陸甲信編
CD「この子の可愛さ」
 川口京子 日本の子守唄を唄う
CD「ゆりかごのうた 世界に届く子守唄」
 唄 稲村なおこ/ハープ演奏・編曲 小倉知香子
CD「日本の子守唄 機
 山口 巌
CD「篠笛による 日本の子守唄 II」
 山口 巌
CD「わらべうたによる 日本の子守唄 III」
 山口 巌
CD「守り子達による 日本の子守唄 V」
 山口 巌
CD「日本の子守唄 VI 沖縄のファムレウタ」
 山口 巌
DVD「日本の子守唄」 日本子守唄協会推薦
CD「子守唄名曲選」 日本子守唄協会
「うたってよ 子守唄」
 著者 西舘好子 小学館
別冊『環』10 子守唄よ、甦れ!
 藤原書店
Copyright(c)Japan Lullaby Association. All Rights Reserved.