表紙へ戻る お気に入りのページを最大50件まで
記憶できる便利な機能です。
2月20日〜2月26日 寒さが少しゆるんだ感じ
 
2月20日(月)晴れ
 
 寒さが少しゆるんだ感じ。
 所沢から山田直子さんと埼玉県の民生委員の方が「子守唄の会」の打ち合わせにお見えになった。直子さんとはお久しぶり、積もる話しに華が咲いた。直子さんの母上は谷崎潤一郎の細雪のモデルとなった蒔岡家の縁者、今月の文学界に谷崎昭夫さんがこのあたりの事を書いており、本を置いていってくださった。
 

 
2月21日(火)曇
 
 朝になって静岡の高木桂藏先生が自転車に乗っていて自動車と接触事故を起こしたという連絡が入った。静岡の会は23日、明後日のことで、急きょ代役は私がする事になった。
 寒い中を自転車で学校まで走った先生の姿が目に浮かぶ。
「ことば学院」、先生が学長を務める外国人のための言語学校は多種の國から学生がきているのに、どこの国の学生達も掃除をしないという。清潔な國からというわけではないのだろうが、先ず、掃除に対しての意識が薄い。かといって、日本もそれに近くなってきた。
 子供達や若い人は身の回りの清潔さに鈍感になっているせいだろう。朝の学校の周りの掃除は先生自らがなさっていると伺った。「学生にいくら言ったとしても無駄と知りましたので」とおっしゃつていらした。早めに学校に行かれようとしたのではないだろうか。
 嘆かわしい現実の中で先生は事故に遭われ大腿骨骨折ということになったとしたら本当にお気の毒なことだ。
 作曲家の三平典子さん、今日は山口栄さんの歌の会にわざわざ来てくださりでご一緒にご覧下さった。私はウクレレの練習日、清水ウクレレ協会理事長の授業をうけ、終わってみんなで合流して我が家で宴。
 

 
2月22日(水)晴れ
 
 産経新聞、長谷川ホールディングスとの「子守唄の募集」のうちあわせをした。
何処も不況の中での企画なので、実現までには難関がまっている。
 夕刻突然孫の櫻子が来訪、うれしくて思わずとびついてしまった。
 新体操の部活を高校になって続けるか、彼女の悩みも大きい。しっかりしているので私は私の意見を述べて夕食を一緒して帰宅させた。
 

 
2月23日(木)雨
 
 静岡まで朝一番に出掛ける。
「子守唄」を静岡で広めるための最初の集まり。
 二時間ほど話して歌って成果は大きかったと思うが、肝心の高木先生の不在でどう続けていくかはこれからの課題となった。
雨の中、多くの方が来てくださって成功の部類だ。
 

 
2月24日(金)晴れ
 
 事業展開を子守唄協会でしたいというひとがきて、さりとはて日本子守唄協会がなにをしているかも知らないので、旅にお連れすることにして別れた。職を探している人は多い。物を売ったり、組織に入る仕事の限界は来ているのでは無いだろうか。
日本は先が暗い。
 

 
2月25日(土)晴れ
 
 新幹線で越後湯沢まで、特急はくたかに乗り換えて富山まで。
 冬の風物詩となった『とやま子守唄フェスタ』の為に毎年この時期富山入りする。
 雪は全く無い富山に降り立ち、七時の取材まで時間があるので木下晋さんと青木新門さんと一緒にお茶を飲む、と言ってもお茶をのむ場所がない。ホテルもそれらしき場所も六時で閉店、仕方ないので富山新聞社の玄関に居たら、中野さんがわざわざ応接間に案内してくださり、ホッとした。何となく集まる場所がなくなったという話になった。
 そう言えば目的があってお茶を飲んだり、食事をするが、この何となく入ってみる、という時間を私たち自身が作らなくなっているのかも知れない。
 居場所が何処にでも出来るという生活習慣が欠けてきたのだろう。
 午後七時、明日の出演者のインタビューがあって夕食会、宮本代表を囲んで懇談のあと、新門さんの行きつけの「仏蘭西や」までいく。常田富士男夫妻、李広宏さん、富山新聞北川さん、高橋史朗さん、わたし、木下晋さん、楽しい話に華が咲いた。
 お会計は青木さん、散財をおかけした。
 ホテルに帰って温泉に入って寝る。
 

 
2月26日(日)時々雪のち晴れ
 
 子守唄フェスタ本番。
 850名の参加者で会場はぎっしり。当日の模様はHPで観て欲しい。
 新聞社上げての文化事業も今年で十三年がたつ。宮本代表が舞台から「子守唄フェスタは永遠です」というメーセージを発して下さった。
 今年もこのフェスタで春が来る。
 終わって青木新門さんの車で木下さんと金沢まで。七時から砂塚局長、端さん、下田さんと会食をしながら今年の催事の相談をする。
 

 



ご案内
ご支援ありがとうございます
ご支援のお願い
NPO法人日本子守唄協会概要
NPO法人日本子守唄協会の歩み
プライバシーポリシー
理事長日記
2月26日〜3月2日
 まとめて取材を受ける
2月19日〜2月25日
 とやま子守唄フェスタ
2月13日〜2月18日
 オリンピック
2月5日〜2月9日
 今年は童謡100年
1月29日〜2月1日
 もう2月
1月22日〜1月26日
 東京は大雪
1月15日〜1月20日
 弘前、平川、周防大島へ
1月9日〜1月14日
 わんこそば
1月5日〜1月5日
 明けましておめでとうございます
12月11日〜12月16日
 今年もあとわずか
11月27日〜12月9日
 師走
11月20日〜11月25日
 昼に浜松まで
11月13日〜11月19日
 お酉様
11月6日〜11月11日
 北海道乙部町に出かける
10月30日〜11月3日
 世界の子守唄
10月23日〜10月28日
 子どもの食の問題
10月10日〜10月21日
 ダウンを着て会津若松まで
10月2日〜10月8日
 紅葉も始まっているようだ
9月25日〜10月1日
 音楽療法
9月19日〜9月29日
 衆議院解散
イベント情報
12月7日 子守唄講習会 子守唄・クリスマス
 の歌(台東子ども家庭支援センター)
12月21日 スミセイキッズフォーラム
 〜 親子の絆の子守唄 〜 代々木
みんなの広場
育児相談通信 8月〜12月号
4月13日 台東区子守唄講習会
 〜心に響け愛のうた〜・アンケート
12月13日 ふれあいファミリーコンサート
 (小平市・白梅学園)アンケート
12月1日 ふれあいファミリーコンサート
 (国立岩手山青少年交流の家)アンケート
11月17日 ふれあいファミリーコンサート
 (島根県・太田市)アンケート
11月4日 ふれあいファミリーコンサート
 (御殿場市)アンケート
10月31日 ふれあいファミリーコンサート
 (大阪市阿倍野区)アンケート
10月13日 ふれあいファミリーコンサート
 (札幌)アンケート
2019.10.30 ふれあいファミリーコンサート
 関東の子守唄と童謡・唱歌と読み..(小平市)
2019.10.29 アイスランドの子守唄コンサート
 赤坂RED/THEATER
2019.09.28 テンパークまつり前夜祭
 世界の子守唄と童謡・唱歌(岩手)
2019.09.07 ふれあいファミリーコンサート
 京都のわらべ歌と童謡・唱歌(京都市)
2019.08.29 ふれあいファミリーコンサート
 in まつど(松戸市民劇場)
2019.08.28 ふれあいファミリーコンサート
 世界の子守唄と童謡・唱歌(大阪市)
2019.07.27 スミセイキッズフォーラム
 in 盛岡(盛岡劇場)..
2019.07.13 子守唄講習会 「にこにこハートの
 子守唄」(台東区日本堤)
2019.04.13 子守唄講習会 〜心に響け愛のう
 た〜(台東区寿)
2019.03.10 周防大島ふるさとづくり
 のん太の会15周年記念事業
2019.03.03 とやま子守唄フェスタ2019
 富山国際会議場
2019.03.08 月と星の王国
 舞浜アンフィシアター
2019.02.17 子守唄体験フォーラム「第9回
 西和賀子守唄コンサート」(岩手)
2019.02.12 秋田漣「津軽じょっぱり子守唄」
 千代田区・内幸町ホール
2018.12.16 スミセイキッズフォーラム
 代々木・国立オリンピック記念..
2018.12.13 ふれあいファミリーコンサート
 東京都小平市・白梅学園大学
2018.12.08 子守唄講習会 子守唄・クリスマス
 の歌(台東子ども家庭支援センター)
2018.12.01 ふれあいファミリーコンサート
 国立岩手山青少年交流の家
2018.11.04 ふれあいファミリーコンサート
 御殿場市・青少年交流の家
2018.10.31 ふれあいファミリーコンサート
 阿倍野区民センター(大阪市)
Copyright(c)Japan Lullaby Association. All Rights Reserved.