表紙へ戻る お気に入りのページを最大50件まで
記憶できる便利な機能です。
2013年2月28日 児童虐待・いじめ問題を考えるシンポジウム「やめよう児童虐待 とめよういじめ」アンケート
 
児童虐待・いじめ問題を考えるシンポジウム

  やめよう児童虐待
     とめよういじめ

平成25年2月28日(木)

参加無料

 開 場 … 16:30
 開 演 … 17:00(19:00終了予定)
 
 会 場 … 増上寺大殿地下1階
      三縁ホール( 東京都港区芝公園 4-7-35 )

 主 催 … 財団法人浄土宗報恩明照会、NPO法人日本子守唄協会
 協 力 … 子どもの虹情報研修センター、みちのくみどり学園

※この公演は、公益財団法人JKA からの競輪公益資金による補助金の交付を受けて開催されます。
公益財団法人JKA  http://www.keirin.jp
競輪補助事業 http://ringring-keirin.jp/


児童虐待・いじめ問題を考えるシンポジウム
やめよう児童虐待 とめよういじめ

 連日報道される虐待やいじめの悲惨さは、愕然とする事ばかりです。
 とうとう虐待の相談件数は昨年、児童相談所の発表では50万件を越えてしまいました。これはあくまでも表の数、報告されない虐待は増えつづける一方です。
 いじめは躾と体罰との違いが論議されていますが、少年期の子供達の自殺者や精神に狂いが生じる事態が相継いで起きています。
 子供達の未来に一刻も早く、本気で私達大人が取り組まなくてはならない問題であり、又、今まさにその時期だと痛感しています。
 子どもばかりではありません。恐ろしいのは今から母親になろうという女性達の六割が虐待予備軍と言われています。
 いつ、虐待の被害者になるか、加害者になるか、普通に暮らしている人たちが当事者にならないとは限らない、というのが現実です。
 教育現場や団体生活の中でおきる虐めも年々巧妙で悪質になっていくとあってもはや其れは豊かな社会にあって恥ずべき姿のように映ります。
 今回、この問題と取り組みシンポジウムを開催いたします。
 浄土宗の報恩明照会と日本子守唄協会は今まで共にこの東日本大震災で手を組んで子供達の未来に明るい光を投げかける活動をしてまいりました。
 被災地でも子供達の虐待や自殺が増えつつあると聞く昨今、命の大切さを多くの人に理解して頂き虐待の無い社会、いじめの起きない環境を創る努力や実現に向かって、活動を広げていく所存でおります。
 多くの賛同を得て、この虐待防止のうねりが波となって行ければどんなにいいか、と考えています。
 なぜ豊かな時代にこれほど虐待が増えつづけるのか、この現状をどう捉えているのか、今こそ、大人達が身近に考えて見なければならないと思います。


− プログラム −

【第1部】 講演

     川 二三彦(子どもの虹情報研修センター研究部長)
     藤澤 昇(みちのくみどり学園園長)
     西舘 好子(日本子守唄協会理事長)

【第2部】 コンサート

     川口 京子(歌唄い)
     長谷川 芙佐子(ピアニスト)

司会:藤木雅雄(財団法人浄土宗報恩明照会事務局長)


− 講師紹介 −

川 二三彦(かわさき・ふみひこ)
子どもの虹情報研修センター研究部長
1975年、京都大学文学部哲学科を卒業し、京都府の各児童相談所で心理判定員(児童心理司)及び児童福祉司として相談業務に従事。京都府宇治児童相談所相談判定課長を経て、2007年4月から現職。全国児童相談研究会(児相研)代表委員。日本子ども虐待防止学会監事。

藤澤 昇(ふじさわ・のぼる)
社会福祉法人岩手愛児会会長、みちのくみどり学園園長
平成5年みちのくみどり学園園長に就任。平成17年より社会福祉法人岩手愛児会会長を兼務。平成11年より社会福祉法人まきば会理事。みちのくみどり学園での職員と子どもたちを写し撮ったドキュメンタリー映画「葦牙(あしがび)」上映を契機として児童虐待防止活動に積極的に参加している。虐待をうけた子どもたちの生命力と心の成長の具体的な話は、説得力に満ちて深い共感を与えている。

西舘 好子(にしだて・よしこ)
NPO法人日本子守唄協会理事長
東京・浅草生まれ。1982年劇団こまつ座主宰、演劇のプロデュースを手掛ける。1985年、第20回紀伊国屋演劇団体賞を受賞。1995年スポーツニッポン文化大賞受賞。30年に及ぶ演劇活動、DV、子供の虐待、女性問題への活動などを経て、2000年日本子守唄協会設立。現在は女性史の一つともいえる子守唄に取り組んでいる。

川口 京子(かわぐち・きょうこ)
歌唄い
子供の頃、上野耐之氏から歌を教わる。早稲田大学第二文学部中退。日本歌曲、童謡、唱歌、抒情歌、民謡、子守唄、などを中心に活動。「北原白秋を唄う」「野口雨情を唄う」「日本の唱歌」「戦後のこどものうた」「歌でつづる日本の自然」「母」といったテーマでソロコンサートを行なう他、阪田寛夫氏、小島美子氏、松永伍一氏とのレクチャーコンサート等に出演。言葉と情景が伝わる歌手として全国に多くのファンを持つ。1999年度日本童謡賞特別賞受賞。
http://www.kawaguchi-kyoko.com/

長谷川 芙佐子(はせがわ・ふさこ)
ピアニスト
国立音楽大学ピアノ科卒業。童謡歌手、声楽、器楽、合唱の伴奏者として、数多くの演奏会、放送、レコーディングに演奏、編曲で参加。テレビ朝日「題名の無い音楽会」「北原白秋童謡フェスティバル」、日本童謡協会およびテレビ朝日主催「全国童謡歌唱コンクール」の公式ピアニスト、ほか。クラシックからポップス、民謡などオールラウンドプレーヤーとして活躍中。クリアな音色と多彩なアレンジが好評。参加CD:世界のこもりうた(opus55)、チェロとピアノで奏でる日本の四季〜唱歌編(opus55)、月(コロムビア)赤とんぼ三木露風童謡詩集(ネット武蔵野)、ほか。
http://www.k-create.info/



やめよう児童虐待 とめよういじめ
平成25年2月28日(水)増上寺 三縁ホールアンケート
【50歳代 女性】
ヨイトマケの唄を聞きほっとしました。
【50歳代 男性】
法的な解決のみでは決してゴールではありませんよね。子ども幼児への性虐待への対応はいかに在るべきか?
父・母の教育も大事ですよね。子育て支援金等の不正受給も良しとする世でも良いのでは。
幼い頃の母の歌を懐かしく思い出します。
【50歳代 女性】
川口京子さんのお歌をお聞き出来て本当に感動しました。
【30代 女性】
貴重なお話をありがとうございました。虐待する母親は猫の母親に学べですね。(笑)
スキンシップですね。
消費するだけの歌が多いなかで、これからも子守唄・童話は大切ですね。
【70歳 男性】
原因を想定し、より具体的な活動に結び付けたいと思う。自治会、他にて虐待は言葉では知っていても中身は知らなかった。今日の話で老人の役目もあると感じました。
子供と子守唄の関係の重要性を知った。テレビのCMソングを越えて、子守歌を唄う機会を作りたい。「唄・子守唄」に感涙でした。
【50歳代 女性】
とても良かったです。
【70歳代以上】
母親が子供を見る時に目が鬼になることが、子供が他の子供をいじめる事になる。
【30歳代 女性】
言いたい事はわからないでもないが、テーマが色々すぎて、つめこんだ感じ。
専門家と一般の人(母・地域の人)の話しを同じ土台で話すのはいい事だと思う。
【60歳代 女性】
私の孫も子守唄を聞きながら「クライ・クライ」(悲しい・悲しい)と涙を流しています。
私にティッシュと言うのでおどろき笑ってしまいました。
【70歳代以上 男子】
「いのちの作法」「葦牙」を何度も見る事を通して、当たり前の生活、不自由な生活の中から知が生まれ、知の循環が生まれる事を再確認する事ができました。藤澤先生ありがとうございます。
一番難しいのは、虐待を受けたるも、虐待した親も虐待と思わずにいると、後になって気付いた心の痛手をどう取り除くか?私達大人が責任をもって、取り組まなければならないと思います。身近にできることから始めます。
久しぶりに子守唄を聞き、心豊かになりました。「ヨイトマケの唄」から戦後間もない時代(昭和20〜30年前半)の力強さを思い出しました。
【70歳代以上 女性】
日頃からこころ痛めておりました。人はあったかさや、思いやり、慈しみ、そこに辿りつくために習慣、忍耐、修行が必要なのでしょうね。
懐かしいものです。川口京子さんの唄、とても良かったです。
【70歳代以上 女性】
今日来て良かったと思います。先生方、各に感じる事があったのですが、特に西舘さんのお話しは、心から賛同致しました。
【50歳代 女性】
私もいじめられていましたが、いじめられる原因もあったのかと思います。しかし、親や大人が子供をいじめるのは、理解しがたい事であり、何もできない自分がなさけなく感じます。若い方との交流で無償の愛を伝えていきたいと思います。
川口京子さんの美しい歌声に癒されました。
【20歳以下 男性】
途中から参加していたのですが、児童虐待の実態が分かった気がします。
【70歳代以上 女性】
日頃忘れていた人間の本質など、心に響くお話を沢山聞く事が出来、自分自身を見つめ直す貴重な時間をありがとうございました。
核家族に置かれた若い母親は心のゆとりを失い、1回子供に手を上げるとエスカレートする自分が恐ろしくなる…と、話してした事を思い出します。若いお母さんに手を差し伸べる社会を作りたいですね。
西舘理事長の「家庭は社会での生き方を教える場」共感です。
【40歳代 男性】
毎日メディアで報道されている児童虐待、いじめのニュースでも驚きだが、本日の先生方のお話しを伺い、現実はニュース以上にショッキングだという事を痛感した。
人が人を育てる事はとても難しい事だと日頃思っている。村社会の良い面が各地域社会で希薄になりつつある今日、やはりまず家庭内でのコミュニケーション、そして地域社会でのコミュニケーションを活発化する事が問題解決の第一歩だと思う。
子守唄は愛の参加であり、形は変わっていっても、その本質=母親から子へのLOVE SONGであり、コミュニケーションの原点であるという点は継承していかなければならないと思った。
【20歳代 男性】
若い世代が、子育てや児童虐待への理解を得られるように、全国的な(特に首都圏)の必要性を感じました。年代を越えて歌い続けられる唄は数少ない。なぜ歌い続けられる事になったのか、その背景を調べてみたいと感じました。
【70歳代以上 男性】
自分74才になるが、今日聞いた子守唄の数々に懐かしさと感謝の思いが込み上げて来ました。詩とメロディと歌声に感激の連続でした。ありがとうございました。
【60歳代以上】
それぞれの先生方のお話が良い。しかし具体的に西舘先生は母親の力、大切さ、影響力の強さを力説。女性教育をしっかり見据えてすすめなくてはいけないと思う。
子供の好き嫌いは個人差があるが、関心をもたなければいけないと思う。つながりを感じなくてはいけない。
忙しい世の中、ゆっくり歌を歌う事が少ないとか、普通に歌うのですから、歌えない事はないと思います。歌を知らないと思います。もっと、歌わなければと思います。



ご案内
ご支援ありがとうございます
ご支援のお願い
NPO法人日本子守唄協会概要
NPO法人日本子守唄協会の歩み
プライバシーポリシー
育児相談通信 8月〜12月号
4月13日 台東区子守唄講習会
 〜心に響け愛のうた〜・アンケート
12月13日 ふれあいファミリーコンサート
 (小平市・白梅学園)アンケート
12月1日 ふれあいファミリーコンサート
 (国立岩手山青少年交流の家)アンケート
11月17日 ふれあいファミリーコンサート
 (島根県・太田市)アンケート
11月4日 ふれあいファミリーコンサート
 (御殿場市)アンケート
10月31日 ふれあいファミリーコンサート
 (大阪市阿倍野区)アンケート
10月13日 ふれあいファミリーコンサート
 (札幌)アンケート
9月30日 スミセイキッズフォーラム・親子の絆
 の子守唄(ティアラこうとう)アンケート
9月8日 ふれあいファミリーコンサート
 (京都)アンケート
2019.09.07 ふれあいファミリーコンサート
 京都のわらべ歌と童謡・唱歌(京都市)
2019.08.29 ふれあいファミリーコンサート
 in まつど(松戸市民劇場)
2019.08.28 ふれあいファミリーコンサート
 世界の子守唄と童謡・唱歌(大阪市)
2019.07.27 スミセイキッズフォーラム
 in 盛岡(盛岡劇場)..
2019.07.13 子守唄講習会 「にこにこハートの
 子守唄」(台東区日本堤)
2019.04.13 子守唄講習会 〜心に響け愛のう
 た〜(台東区寿)
2019.03.10 周防大島ふるさとづくり
 のん太の会15周年記念事業
2019.03.03 とやま子守唄フェスタ2019
 富山国際会議場
2019.03.08 月と星の王国
 舞浜アンフィシアター
2019.02.17 子守唄体験フォーラム「第9回
 西和賀子守唄コンサート」(岩手)
2019.02.12 秋田漣「津軽じょっぱり子守唄」
 千代田区・内幸町ホール
2018.12.16 スミセイキッズフォーラム
 代々木・国立オリンピック記念..
2018.12.13 ふれあいファミリーコンサート
 東京都小平市・白梅学園大学
2018.12.08 子守唄講習会 子守唄・クリスマス
 の歌(台東子ども家庭支援センター)
2018.12.01 ふれあいファミリーコンサート
 国立岩手山青少年交流の家
2018.11.04 ふれあいファミリーコンサート
 御殿場市・青少年交流の家
2018.10.31 ふれあいファミリーコンサート
 阿倍野区民センター(大阪市)
2018.10.31 ふれあいファミリーコンサート
 阿倍野区民センター(大阪市)
2018.10.13 ふれあいファミリーコンサート
 ザ・ルーテルホール(札幌市)
2018.09.30 スミセイキッズフォーラム
 〜 親子の絆の子守唄 〜 ティアラこうとう
Copyright(c)Japan Lullaby Association. All Rights Reserved.